日常のショッキングを書いていきます。


by gshocki

うなぎ通信vol.2

日時:7月21日
天気:晴れ  気温:36度(さいたま)
場所:会社の寮
メンバー:G

毎日、出勤前と帰宅時にうなぎの水を換えていると、少しずつ情が生まれてきます。
はじめて釣り上げたときのうれしさ、可愛らしいひれ、小さい目、先日の格闘、どんどんうなぎを好きになってきました。
しかし、そろそろ土用の丑の日も近づき、うなぎも食べたいので、さばこうと思います!


まず、仮死状態にするために冷凍庫に30分くらい、うなぎをいれます。

うなぎをさばく、装備です。
d0163339_1731158.jpg

でっかい板
よく切れる包丁
アイスピッグ
たれ塗りよう刷毛

初めてうなぎをさばきます。
なかなかうまくいきません。関東流の背開きでやりました。
d0163339_17363762.jpg

なんとかできました。
しかし、骨を取り除くのが難しい!!

そして蒲焼です。
d0163339_17391566.jpg


たれ作り
d0163339_1740943.jpg

0さんの助言で、うなぎの骨を出しに使い、醤油、酒、砂糖をいれました。
しかし、砂糖と塩をいれまちがえてしまいました!!けっこう致命的です。
しかも気づいたときにはつけまくった後、しかたありません。

15分ほど中火で焼き、その後10分ほど蒸しました。
d0163339_174442100.jpg

そしてたれをつけながら、15分ほどまた焼きます。

完成!!!
d0163339_17461934.jpg

ちょいちょい味見をしていたため、完成時はすくなくなってしまいました。
ちょっとしょっぱかったですが、美味しかったです。

感想
まず、さばきで、骨を取り除くのが難しい。
焼いているときはとてもわくわくする。
皮をよくやいたためか、泥臭さはあまり感じなかった。
うなぎ臭さはそんなに臭くない。
[PR]
by gshocki | 2010-07-21 17:53 | 釣り