日常のショッキングを書いていきます。


by gshocki

<   2010年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

nasu high land park

日時:12月20日
天気:晴れ 気温:?
場所:那須ハイランドパーク

鹿の湯という温泉が那須湯元にあり、とても行きたかったのでぽんさんを誘い行ってきました。
その途中で那須ハイランドパークに行きました。
そこでこんなものが
d0163339_19789.jpg

はじめて見ました。
川ゲームです。

心の奥で「遊びやないんやぞ!!」と聞こえてきましたが、やっちゃいました!!
d0163339_1111051.jpg

非常に罪悪感を感じましたが、やってしまいました!!まさにGーショッキ!!

とても楽しかったです!!
リハビリにもいいかもしれません。すみません。
[PR]
by gshocki | 2010-12-22 01:16 | Comments(0)

またショッキ!!

日時:12月12日
場所:桂川 
水位:大月 1.67m  気温:? 天気:晴れ
区間:ハラキリ~高月橋(2.0km?)
メンバー:ラナパパさん、花鳥さん、ラナ、川太郎君&川次郎君


今日はロデオボーイ出撃です。

それと、花鳥さんとラナパパさんにカリーをお渡ししました。
d0163339_2042083.jpg


d0163339_20424915.jpg


d0163339_20435114.jpg


賞味期限が切れていましたが、よろこんでもらえたので良かったです。


桂川に来る途中で、水筒に入れていた、熱い紅茶を全部、股にぶちまけてしまいました。
幸いにも、ズボンをはいていたのと、股間にあまりかからなかったので、カヤックに乗れそうです。
スタートから、不吉です。

こんかい、またショッキを受けました。

ロデオボーイにてたくさんのうまい方を見て、痛感しましたが、ヘラ釣りはカヤックとあまり関係ないことと、自分のスキルの無さです。ショッキでした。みんな、うめぇなとかんじました。
みんな、ヘラ釣りしてねぇなとかんじました。
精進しないといけませんね。 あぁ  ショッキ!!

d0163339_2054830.jpg

ラナと花鳥さんに癒されました。

その後、ビックボーイへ
d0163339_2053748.jpg

なんか花鳥さんとビックボーイにてますね。
[PR]
by gshocki | 2010-12-13 20:59 | | Comments(6)

リアルショッキ!!

日時:12月5日
水位:1.14m(桂川強瀬) 1.67m(大月) 気温:?℃(大月) 天気:晴れ
区間:舟場橋~高月橋(約x.xkm) 所要時間:約2.5h メンバー:ラナパパさん
ラナママさん、川太郎&川次郎君、ラナ(今回回送)

以前から、ラナパパさんに桂川アッパーのお誘いをいただいておりましたが、なかなか休みが合わずにいけませんでした。
正直、恐いので下らなくてもいいかなぁとも思っていました。ほんのちょっとは下りたい気持ちもありましたが。

そんな中、日曜に下れるチャンスができ、ラナパパさんに連絡しました。
仕事前だったので、12時くらい解散で予定をしてもらいました。


最近は、軽いショッキ!!でしたが、今回はリアルショッキ!!です。
八時半に高月橋に集合。ラナパパさんの車にカヤックなどをいれ、プットインの舟場橋まで上がりました。ラナは手術した後でしたが、元気そうでした。川太郎くんは文章を言うし、コンビニでは、ほしい本をとってくるなどメッチャ成長していました。ラナママさんはなんだかプリプリしてました。ラナパパさんはとてもうれしそうでした。相当きたかったんですね!!


アッパーは社会人前に一回ダッキーで下りましたが、渇水でした。川のことはほとんど覚えていません。
今回はスターです。フィッティングと体重に不安でしたが、EZGは考えませんでした。川に来て、ラナパパさんに言われて、たしかにそうしたほうがよかったなと思いました。
どうもシートのフィッティングが悪いのと、体重が重いので、スターンがくわれます。
d0163339_834382.jpg



はじめの二股の瀬~シュガードロップまでは、それほど恐くなく、楽しめる感じです。
シュガードロップも左岸側で下れば、フツーに下れます。
シュガードロップを右岸で下るには、ブーフできなければきついなと思いました。この後のサムライでも感じましたが、自分の今できないことで、できなきゃいけないのはブーフです。
普段のダウンリバー(御岳や長瀞など)で、ホールや岩をただよけるのではなく、ブーフの練習や、どのくらいのホールで沈するのかやカヤックのホールでの動かし方、抜け方みたいなことを体感しながら、下らないと、今回みたいなところでのダウンリバーで萎縮してしまいます。

シュガードロップの後は、プレサムライです。この後にサムライがあるので、沈脱だけは避けたい。
d0163339_8453587.jpg


まずはラナパパさんからです。右岸ルートできれいにくだっていきました。
僕も右岸ルートで行ったんですが、瀬の入り口あたりでスターンがくわれ、ちょっとつかまって、そのまま沈しました。
ロールで起き上がろうとしたんですが、なかなかあがりません。しかも、このあとにサムライがあるという気持ちで、テンパりまして、ああどうせ俺はサムライで揉まれるんだとか、ここのところ、いやづっと生活に怠けが出た罰だとかでネガティブになりまして、ロールがあがりません。
いや でも上がらないとほんとにまずいなと、でなんとかサムライ前のエディーでロールできました。

サムライ




サムライプレでもし、ながされてダツしていたら、本当に恐いです。想像で心が折れそうになりましたし、おなかはいっぱいです。
ポテージしました。いくなら右岸ルート、べたべたで、その後の下にあるホールをよけるようにいくコースですが、まったく自信がなかったです。左岸から歩テ。

d0163339_9123333.jpg


サムライをポテージした後は、エントリーがきついです。左岸が岩の急斜面で、川辺までいけません。
カヤックはドライエントリーでけっこうスムーズでしたが、ダッキーはたいへん。
ここでラナパパさん、エントリーする際にリンクスだけ流されてしまいました。
その後すぐ、ラナパパさんも身を投じ、追いかけていきます。
サムライの下は、直ぐにフェイク井田があり、サムライほどのホールではないですが、身一つではながされたくはない。
リンクスはフェイク井田の左岸横のエディでぐるぐる出てきません。
ラナパパさんは、数10メートル下流左岸で上陸できてましたが、ゴルジュっぽくて、フェイク井田までは歩いては厳しい。

幸いだったのが、サムライ下からハラキリまでかなりの距離(数百メートル数キロ?もしダツしても回収が余裕でできそう)があり、しかも険悪な場所がないことと、エディ多数あること、
フェイク井田の辺りは両岸にエディがあり、フェリーグライドで対岸にいけることです。


なので、リンクスを回収し、ラナパパさんの元へ。
いやー、丹波川を思い出しました!!  


ハラキリへ
d0163339_937565.jpg




ポテージしました。
まいてました。

d0163339_943912.jpg

ここからゴールの高月橋までは、いくつか激しい瀬がありましたが、確認しやすく、楽しく下れました。ロデオボーイは、荒れくれものでした。ぜんぜんのれません。

ゴール直前でふりっぷさん発見、さわやかです。
かなりのひとがロデオボーイにきてました。


今回はリアルショッキ!!
まだまだ精進しないとだめですね。
ラナパパさん、ありがとうございました!!
[PR]
by gshocki | 2010-12-06 09:49 | | Comments(8)